プロ家庭教師って普通の家庭教師とどこが違うの?何かいい勉強方法を教えてくれるの?どんな人がいるの?そんな疑問にお答えするべくプロの家庭教師に焦点を絞って情報をまとめました!

家庭教師に勉強を教えてもらい受験合格するぞ!と意気込んでいる男の子

子どもたちが「つまんない」と思う年齢の家庭教師とは

家庭教師といえば、大学生が時給の高いアルバイトとしてやっているケースがよくみられます。

個人でやるよりも会社を作り、理系・文系の学生を幅広く集め、子どもたちというよりどちらかというと保護者のニーズに合わせた家庭教師の派遣を行っています。
年齢的にも子どもたちに近くて、子どもたちの気持ちを理解し、楽しく学習できることを売り物にしています。
偏差値が高く理解力のある子どもたちは、自分なりに学習方法をつかみ、受験勉強のコツをつかんで難関大学や有名大学に合格した成績優秀な大学生から、彼らなりのノウハウを伝授され、目からウロコ的に思いっきり学習に取り組めるかもしれません。
しかも、「つまんない」と思う教科も家庭教師しだいでは、おもしろい、得意な教科に変わっていくかもしれません。
しかし、理解力の遅い子どもたちには別の接し方があります。
なぜこんな簡単な問題がわからないのか、なぜなんでもないようなところでつまづくのかなど、子どもたちが苦しみ、悩んでいることに気づき、上から目線ではなく一緒に解決方法を探る家庭教師が必要になってきます。
それには、家庭教師自身が、中学校や高校時代に自ら成績不振に陥り、先が見えにくくなり辛い思いをしたあと、何らかのきっかけで解決方法を見つけ、底から這い上がった経験などがあると、かんばしくない成績で悩んでいる子どもたちに、うまいヒントを与えられるかもしれません。
あるいは、年齢を重ねるたびに、成績ばかりではなく、それぞれの家庭事情で勉強ができなかったり、性格的に物事にじっくり取り組めなかったりするさまざまなタイプの子どもたちに接してきて、保護者が安心するケースが多いものです。
案外、昔ながらの学習指導方法が、いつのまにか子どもたちのやる気を起こさせ、成績向上につながっていくかもしれません。